Size

リングサイズの計り方

通販でリングをご購入する際、自分のサイズが分からない場合があるかと思います。その際、以下の簡易計測を正しく行って頂くことで、ご自宅でもサイズが分かりますので、お試し下さい。

リングのサイズは、リングの円周(内周)になります。本来、正確に計測するには【リングゲージ】という専用の器具を使った後、
リング自体の大きさや形、お客様の指の特徴に合わせた付け心地などを考慮して製作されます。
サイズの分からない方でも通販をご利用頂けるようにと願いご案内している方法ですが、リングゲージと違い少しの計測ズレ
でサイズが変わってしまいますので、計測にはご注意頂くと共に、あくまでも目安となる計測方法である事をあらかじめご理解下さい。

①用意する物

・ノート等をリング幅に合わせて切った紙(例:リングが10mm幅なら紙も10mm幅)や伸縮性のない糸
分厚い紙やいびつに切られた紙はご使用にならないで下さい。

・定規(ミリ単位で測れる物)

・印を付ける際に使うボールペン(できれば先細のペン先)

計測する

リングサイズを測る際は、一番太い部分(第二関節)に、用意した紙や糸を巻き付け、指周りの長さを測ります。

※紙を交差させる幅は必要最低限に抑えて下さい。力加減一つでサイズが狂う原因になります。

※1人で計測する場合は、あいている指などでしっかりと抑えて下さい。きつすぎても小さいサイズで計測されてしまいますが、多くの方がゆるめに巻いた状態で印を付けてしまい、大きめサイズで計測される傾向にありますので、ご注意下さい。
お友達など手伝ってもらえる方がいれば、2人で行った方がお勧めです。また2、3回別の紙を用意して計測するのもよいかと思います。

※第2関節とリングをつける指の根元部分の円周に差がある場合は、一度お問い合わせ下さい。

円周を割り出す

印をつけた紙や糸を伸ばすと2箇所に印が付いています。その印と印の間を用意した定規で測って下さい。

※計測は数ミリ単位でサイズが違ってくる為、小数点第1位まで出して下さい。出した長さが【円周】になります。

※先太のペンをご使用の場合は、印の内側から内側までを測って下さい。

サイズを割り出す

計測された長さを、以下のサイズ換算表を見て、一番近いサイズを選びご注文下さい。

【サイズ決定時の注意点】

※先太のペンをご使用の場合は、印の内側から内側までを測って下さい。

指がむくんでいる時に計測した場合とむくんでいない時に計測した場合とでは、計測されるサイズが違います。余裕があれば、時間帯を変えて(朝・昼・晩や24時間内で気温・体温の違う時間帯など)計測される事をお勧め致します。

リングサイズは、リング幅によって圧迫感が違ってきます。リング幅が12mm以上ある場合は、#0.5?#1位大きめにした方が良いです。また、受注生産ですので、#18.5などサイズの中間で製造することも可能です。

リングサイズ換算表

アフターケアについて

リングのサイズが合わない場合は、お買上後のサイズ直しも承っております。
お買上後、サイズがしっくりこない場合は、お気軽にご連絡下さい。


ブレスの付け方


ブレスは以下の手順で、形を変えたり開閉を行わずに着脱が可能です。(※画像をクリックしてご参照下さい。)
開閉の繰り返しや、無理な形状変化を加えることは金属疲労を起こし破損の原因となりますので、ご注意下さい。

 
 
 
 

 1.ブレスの入り口です。ここから手首に入れていきます。
 2.手首の一番細い箇所で、手の平側の柔らかい部分にブレス入り口の一端を食い込ませます。
 3.食い込ませながら、そのまま手首を回すようにブレスを回し入れます。
 4.手首に回しきります。
 5.装着完了です。

 ※外す時は、【5.】から逆の手順(逆再生)で外します。



ブレスの調節方法【小さくする】



ブレスは以下の手順で、あまり大きなズレがなければ小さく微調節することで装着が可能です。
(※画像をクリックしてご参照下さい。)
一度調節を行った後は、開閉を繰り返さずにご使用頂くことで金属疲労が軽減されます。

 
 
 
 

1.サイズを微調節する前の状態。通常サイズの場合、ブレスの入り口間隔は約2.5cm位です。

2.片側ずつ行います。(右利きの方)左手の平をブレスのなるべく端側に当て、右人差し指など可動可能な指でブレスの中心を抑え込みながら、右親指でブレス内側(写真の辺り)を支点として押さえます。

3.右親指を支点にしてブレス中心が曲がらないように抑えながら、左手の平で“グッ”とブレスの端を押しますが、この際、力加減に注意が必要です。急激に力を加えると閉まり過ぎますので、ゆっくり・じんわりを心掛けて下さい。

4.写真右側をご覧下さい。少しだけブレスの内側に食い込んできます。(微調節ですので分かりづらい位です)

5.反対側も【1.】と【2.】を行い、両端とも同じ位の高さになれば完成です。

※閉める前よりもブレス入り口間隔が狭くなります。



ブレスの調節方法【大きくする】



ブレスは以下の手順で、あまり大きなズレがなければ大きく微調節することで装着が可能です。
(※画像をクリックしてご参照下さい。)
一度調節を行った後は、開閉を繰り返さずにご使用頂くことで金属疲労が軽減されます。

 
 
 
 

1.サイズを微調節する前の状態。通常サイズの場合、ブレスの入り口間隔は約2.5cm位です。

2.片側ずつ行います。(右利きの方)左手の可動可能な指でブレスの中心を抑え込みながら、左親指でブレス内側辺りを支点として押さえます。右親指を中心に3本指位でブレスのなるべく端側を持ちます。

3.左親指を中心にブレス中心が曲がらないように抑え込みながら、右指3本位で“グッ”とブレスの端を引っ張りますが、この際、力加減に注意が必要です。急激に力を加えると広がり過ぎますので、ゆっくり・じんわりを心掛けて下さい。

4.写真右側をご覧下さい。少しだけブレス端が外側に広がっています。(微調節ですので分かりづらい位です)

5.反対側も【1.】と【2.】を行い、両端とも同じ位の高さになれば完成です。

※開く前よりもブレス入り口間隔が広くなります。


以上の方法を正しくご理解頂き行って頂くことで、ブレスの破損・変形を防ぎながらご愛用頂けます。

また、リングと異なりお手元でも微調節が可能ですので、あまり大きなズレが無い場合はお試し頂けたらと思います。

※ブレスのデザインによっては、微調節が困難な場合があります。

(主にNO.31NO.43NO.50など、厚めのブレスやブレスのカーブに沿って表面に立体的なモチーフが飾られている場合です。)

お手元で微調節が難しい場合や、大きなズレがあった場合は、末永くご愛用頂く為にもお気軽にアフターケアをご利用下さい。